【2018年8/11~8/26日実施】縄文時代 大形の中空土偶
秦野市立桜土手古墳展示館で展示

縄文時代 大形の中空土偶
秦野市立桜土手古墳展示館で展示します

 
菩提横手遺跡で出土した縄文時代後期の土偶を展示します
 
 新東名高速道路建設に伴い公益財団法人かながわ考古学財団が実施している秦野市菩提横手遺跡の発掘調査において、縄文時代後期前葉から中葉(約3,500年前)の住居跡の覆土(埋土)中から、とても珍しい大形の中空土偶が出土しました。
中空土偶は、当財団の発掘調査成果展示会で本年度7月3日~7月8日に横浜市歴史博物館において展示・公開しましたが、今回、同住居跡の写真と共に、秦野市立桜土手古墳展示館で展示・公開します。

概要

展示期間

平成30年8月11日(土)~8月26日(日)

展示場所

秦野市立桜土手古墳展示館

菩提横手遺跡出土「中空土偶」
遺跡の空中撮影写真
竪穴住居跡の調査写真
遺跡の位置及び縄文時代の概要解説
 
なお、中空土偶に関しましては、(公財)かながわ考古学財団が主催する「平成30年度秋季特別展」(共催:秦野市教育委員会、会場:秦野市立桜土手古墳展示館、期日:10/23~11/4)でも展示します。

お申込み

不要(参加自由・無料)
 
★「関東考古学フェア」開催中★詳細はこちら

ページ先頭へ